ほとんどの被災ポイントは、私たちのように浪費するリソースやリソース

とりわけ悲惨なのは、ほとんどの被災場所は、私たちのように浪費する資源や資源が不足している結果、地球温暖化に凄まじく貢献していない、南南米の未発達世界中であるということだ。人並みアクシデントや食糧製作に影響する気象の下ごしらえに耐える片方、大国に住む私たちのような人々は、ほとんどが世界の北部に位置しているため、主として問題はありません。グングン、地球温暖化の変化は人並みであり、実績を通じて起こっていると多くのお客様が信じています。それはふさわしいが、方取り組みの結果として地球温暖化が日和遷移に寄与することはロジカルに証明されてある。現在の地球温暖化は非常に急速に上昇してあり、気象のために世界の特定の地域に住むことができなくなるまでには大して時間はかかりません。

リサイクルしないことを選択すると、埋立場所が目立ち、埋立場所に置かれるものの多くは分解するのに何百世代もかかります。ガラスものの多くのものは分裂されず、永遠にそこにとどまります。国家はもう満杯化してあり、最終的には宇宙を費やすケー。誰も埋立場所の隣席に住むことを望んでいません。荷作りは人間が購入する賜物の価格にも塞がり、埋立に入れることは資源を無駄にするだけでなく、小遣いも浪費決める。ビニールバッグは完全体制だ。http://xn--q9j2c9ch0hqc6bl0n6hsf.xyz/

ほとんどの被災ポイントは、私たちのように浪費するリソースやリソース