ほとんどの被災スポットは、私たちのように浪費する資源や資源

特に悲惨なのは、ほとんどの被災箇所は、私たちのように浪費するリソースやリソースが不足している結果、地球温暖化に著しく貢献していない、南南米の未成長国々であるということだ。ナチュラル惨事や食糧生育に影響する日和の設定に耐える先方、強国に住む私たちのような人々は、ほとんどが世界の北部に位置しているため、全然問題はありません。どんどん、地球温暖化の変化はナチュラルであり、歴史を通じて起こっていると多くの皆さんが信じています。それはふさわしいが、人材行動の結果として地球温暖化がウェザー上げ下げに寄与することはロジカルに証明されて掛かる。現在の地球温暖化は非常に急速に上昇してあり、日和のために世界の特定の地域に住むことができなくなるまでにはそれだけ時間はかかりません。

貸し付けしないことを選択すると、埋立箇所が目立ち、埋立箇所に置かれる代物の多くは分解するのに何百年頃もかかります。ガラスものの多くの代物は分離されず、永遠にそこにとどまります。素地はもうパンパン化してあり、最終的には宇宙を費やすケー。誰も埋立箇所の横に住むことを望んでいません。包装は人が購入する品物の価格にも塞がり、埋立に押し込めることはリソースを無駄にするだけでなく、利益も浪費する。ビニール紙袋は完全前例だ。http://umez.jp/

ほとんどの被災スポットは、私たちのように浪費する資源や資源